ミニマリスト

エシカル ミニマリストになろう

エコとミニマリズムに目覚め、心身ともにより健康的な生活を目指しています

手作りバスボムは一石二鳥

外出自粛中の頃、高校時代の友人と三人でリモートお茶会をしました。数年ぶりに話す友達もいて、ドキドキしたけど全然違和感がなく、とても楽しい時間でした。

その頃はコロナ禍真っ最中で、そういう話を積極的にしたつもりは無かったんどけど、

後日「ちょっと大変そうなのかなと思って」と、その1人が素敵な香りの手作りアロマバスソルトを送ってくれました。じーん。さりげない優しさが心に沁みます。

アロマかあ。オシャレだなぁ。私もそんなの楽しむ優雅な生活を日頃からしたいなぁとお風呂に浸かりながらしみじみ思いました。

ちょうどその頃、娘が暇つぶしの手作りキットを探していて、選んだのがバスボムが作れるキット。レシピを見たら主な材料は重曹クエン酸のみと言うではありませんか!それって、まさに私の大好きなエコ掃除グッズであります。オシャレに温まりながら風呂掃除も出来るなんてと、娘をそそのかし何個も作らせることに。

そうか、このバスボムにアロマオイルを垂らせばアロマバスボムになる!

新しいアロマオイルを買っても良かったのだけど、そこはミニマリストのさがで(笑)、まずは手持ちのアロマスプレーを娘に渡しました。

実は数年前に買った代物ですが、やはり自然なものは飽きが来ないです。


実はアロマオイルを買わなかった理由の一つに、ハーブを育てて作れないかな?というのがありました。園芸の心得も無いのにいつも無謀ですが、、。今ラベンダーを育ててるので、花が集まったらドライフラワーにしてバスボムに入れるくらいは出来るかなあと娘と楽しみにしています。

うまくいったら先ほどの友人にお返ししたいけど、オシャレにいく自信は全く無いのでどうしようかなあ(笑)


後日談。キットの材料が早々に無くなり、子供達と買いに行ったら、重曹クエン酸になぜか色めき立つ息子。

クエン酸って、水に溶かして砂糖を混ぜるとレモネードになるんだよ!」

重曹クエン酸を混ぜるとサイダーになるんだよ!」

早速溶かして飲んでました。レモネードは美味しいです。サイダーはしょっぱくて非常にまずいです。あ、もちろん掃除用でなくて食用を選んでくださいね。誰もやらないか、、