ミニマリスト

エシカル ミニマリストになろう

エコとミニマリズムに目覚め、心身ともにより健康的な生活を目指しています

我が家のプラスチックの山と、世界のプラスチックの海を憂う

 私、エコ活大好きな割にあんまり色んなこと知らなかったんです 。

ブログ始めてから色々調べるようになりました。

プラスチックごみは一生懸命リサイクルゴミの日に出しているけど、リサイクルよりリユースが必要じゃない?という違和感があり、ブログにまとめてみたりしました。

ethicalminimalist.hatenablog.com

 

遅ればせながらプラスチックのこともう少し勉強しようと思って、この本を買いました。

図解でわかる 14歳からのプラスチックと環境問題

図解でわかる 14歳からのプラスチックと環境問題

 

題名にある通り、中学生くらいから理解できるようになっていて、私のポンコツな頭にもよく入る内容です。しかも詳しく、多岐にわたっています。

読んでまず思ったのは、リサイクルより、リユースより、

Reduce(減らす!)

Refuse(拒否する!)

のがさらに大事ではないかという事。日本はここをかっ飛ばしているから矛盾が生じるようです。

 

最近我が家のプラごみがやたらに増えてます。ええ、なんでかって

夫がどんどん訳わからんもの買ってくるせいだー!!

 

なんで体に悪そうなものほどプラスチックもよく使われてるんでしょうね。保存がきくように、安い値段で抑えられるように、の目的が同じだからでしょうか。そして夫はなんでそういうものが好きなんでしょうね。イラッ!!

 

いつもせわしない私の代わりに、特にいまはコロナ有休を取って買い物も料理もいそいそと行ってくれるのはありがたいんですが、

かた焼きそばの袋とか化学調味料とか、

冷凍シューマイの袋とかトレーとか、

いやそうじゃなくても、スーパーで買い物しただけで、野菜のプラスチック包装や、肉や魚のトレーがわんさか出てくるのです。

パルシステムだとここまでじゃないですが、でもそんなに少ないわけでも無いです。

 

リサイクルゴミにせっせと回してる消費者の身にもなってくれい!しかも今回の本を読んでたらせっかくリサイクルに出しても、あんまり意味のない事なのかなと悲しくなって来ました。

日本のリサイクル率は80パーセントなんていう数字もあるけど、60パーセントは焼却によるもの。焼却による発電や蓄熱などのエネルギーはプラスチック生産にかかる莫大な消費エネルギーに比べてはるかに小さいのです。

焼却によるエネルギーは、だから本来リサイクルの数字に入れないのだそうです。

 

ペットボトルの100パーセントリサイクルとかうたってる会社も出てきたみたいだけど、ごく少数だと思います。普通に考えて、使用済みのものを加工し直したら劣化、品質低下するのは当たり前に思うのですよね。

 

そしてプラスチックスープになってしまった海の現状も知りました。マイクロプラスチックは世界の海に5兆個も漂ってるのだとか。そしてマイクロプラスチックは農薬、ポリ塩化ビニル、ダイオキシンなどの有害物質を吸着する性質があるので、それを食した生物に取り込まれ、より高次の生物になる程それが濃縮していくのだそうです。つまり最終的に人間に還ってくるのです。

 

もうとにかくも早くこの大量のプラスチック生産の規制強化をしてほしいです。

やっと四月からレジ袋が有料になりますけど、どうせ小さなポリ袋は使い放題でしょ。そして食品のプラスチック包装はその何倍、何十倍もあるのにそっちを規制しないなんてバカバカしいと思うのです。

 

ブログを下書きしている時にこんなブログ記事を読み、アメリカも相当だなぁと思いました。

またも勝手にすみませんが、この方の記事はいつも示唆的で考えさせられることが多く、大好きです。

casse-pied.hatenablog.com

気づかない人はとことん無知だし、気づいてしまうとやり切れない思いにかられます。